ジロログ。

いいのよ。

メダカの実験ビオトープを作ってしまった話

やぁやぁ、鈴木次郎だよ。

ごきげんよう

 

今回は、実験を兼ねてビオトープみたいなものを見よう見まねで作ってしまいました。

 

f:id:suzujiro00:20170825200809j:image

これが


f:id:suzujiro00:20170825200822j:image

こうなって


f:id:suzujiro00:20170825200838j:image

こう


f:id:suzujiro00:20170825200852j:image

殺伐としたブログにメダカが!

 

このビオトープは、高回転型の水槽をコンセプトに、栄養吸収力が強い水草を中心にしてガンガン水槽内の栄養素を吸収してもらい、成長した水草をトリミングをすることで肥料バランスを取っていきます。

 

水はカルキ抜きした水道水と、エビ水槽を換水した際に出た排水を混ぜて作っています。

バクテリアの定着も早いはず。

今後は、基本的にエビ水槽の排水を足し水していく事とし、こちらのビオトープはなるべく換水しない方向とします。

 

底床内にはテトラのイニシャルスティックを規定量の半分程度を満遍なく埋めています。

換水がなければ、カリウムの流出もなく、全て水草に行き渡るはずですが、どうなるか。

また今回は、大磯砂の酸処理を施していないため、放っておけばタンク内の水は徐々に硬度が上がり、アルカリ性へと進みます。

 

ストーンディーラーシンセー 大磯 中目 3kg [その他]

ストーンディーラーシンセー 大磯 中目 3kg [その他]

 

 

 これは、大磯に含まれる貝や珊瑚の欠片からカルシウム等の成分が水中に溶け出して起こる現象です。

そこで、カルシウムやマグネシウムと拮抗させるためにカリウムを含むイニシャルスティックを施肥してみました。

 

カリウムが過剰だと逆に上記の微量元素の吸収障害を起こしてしまいますが、窒素やリンをあらかじめ多く含んでいる水槽水ならカリウムを投与することで、微量元素も含めて消費量を上げることができ、水質浄化になるはず!…という、考えに基づいています。

過剰にならないように、少な目に調整していく慎重な水槽の方針に比べて、高回転型は足りない栄養素を多量に投与してブン回すことでバランスをとるやや攻撃的(?)な采配と言えるかもしれません。

 

イニシャルスティックの基本データとしましては、窒素:リン:カリのバランスが1:0:25で、投入直後はpHを一時的に下げて酸性に傾けます。

その後、微生物の分解によって少しずつ溶け出し、今度はpHをアルカリ性へ上昇させます。

このアルカリ性へ傾いた分がカリウムですね。

最後にカリウム水草に吸収され、pHは元の数値に戻るはずです。

 

遅効性の肥料のため、水質への影響が少ないので扱いやすく、また長時間効果が持続するので結果的に施肥する回数が減るのが利点です。

 

テトラ (Tetra) イニシャルスティック

テトラ (Tetra) イニシャルスティック

 

 

今回は高富栄養対策に、余ったマツモ様と購入してきたアマゾンフロッグピットを浮かべ、底床内の栄養を使用してもらうためにショートヘアーグラスを埋めました。

ただでさえタライが浅いのに、下は底床とヘアーグラス、頭上にはマツモとアマゾンフロッグピットの根があり、メダカは少し泳ぎにくそうです。すまぬ。

 

26日現在、タライの中は壁面に緑藻の付着が見られるものの、水は澄んでいます。

メダカの健康状態もよくて、エサもよく食べてくれます。

 アマゾンフロッグピットは購入した時点の葉が枯れ始め、それを補う勢いで次々とランナーを伸ばしつつ新しい葉を増やしています。

こうやって環境に適応していくんだなぁ、などと感心している次第です。

ヘアーグラスはまだ水上葉なので、来週末辺りには、一度刈り込んで水中化させる予定です。

 

最終的なゴールとしては、メンテナンスフリーのバランスドビオトープなのですが、果たしてその頂にたどり着けるかどうか。。。

試してみたいことも沢山ありますし、しばらくは退屈しなさそうです。

 

今後はメインのエビ水槽の傍ら、こちらも随時更新していこうと思いますので、どうぞよしなに。

 

タンクデータ

立ち上げ日:2017年8月16日

水槽:洗い物タライ 13L(100円ショップ)

底床:大磯砂(小粒)

濾過フィルター:なし

照明:なし

生体:クロメダカ 2匹

         シロメダカ 2匹

         楊貴妃メダカ 2匹

         ミナミヌマエビ 若干

水草:マツモ様

         ウィローモス

         アマゾンフロッグピット

         ショートヘアーグラス

 

続きは次回の更新で。

エビ水槽のその後は

 やあ僕だよ、鈴木次郎です。

ごきげんよう

 

アクアリウム前回記事→

アクアリウムでエビ水槽はじめました。 - ジロログ。

前回から相変わらず不定期に水槽の全景写真を残しています。

前記事から約1ヶ月、水槽は一体どのような変化があったのでしょうか。


f:id:suzujiro00:20170815235005j:image

2017年7月20日

床面フィルターの吐出口に茶ゴケか発生し始めました。

茶ゴケ(珪藻)の発生原因は、水槽立ち上げ初期の濾過バクテリア不安定期。

または、亜硝酸窒素の過多。

今回はバクテリアがまだ育っていないのが原因っぽいので、深く考えずにスルー。

しばらく経過観察を要す。

 

f:id:suzujiro00:20170815234913j:image

2017年7月24日

茶ゴケの成長著しい。

主にガラス面と底面フィルターのパイプの内側に繁殖するのは、水流が好きなのかこの子達は。

対照的に、マツモ様がおあせられる向かって右側のガラス面には茶ゴケが生えません。

右側にもスポンジフィルターからの水流が当たっているはずなので、上記の仮定が当てはまりません。

やはり、マツモ様が水質の浄化(水中の栄養吸収)に一役買っておられるのでしょう。


f:id:suzujiro00:20170815234656j:image

2017年7月26日

珪藻がどんどん濃くなって…って茶ゴケの成長観察ブログでしたっけ。これ。

エビは相変わらず、気にせず元気でいるのでまぁよし。

近く、掃除をしよう。


f:id:suzujiro00:20170815234827j:image

2017年7月29日

ガラス面をメラミンスポンジで擦って掃除しました。

あと、換水してマツモ様をトリミングさせていただきました。

ただし脇芽を切り離して、長さを揃えた程度でボリューム的には減らしていません。


f:id:suzujiro00:20170815234537j:image

2017年8月3日

 流木を一つ追加。

スポンジフィルターを隠しました。

今までにょきにょき成長してたアマゾンソードの成長が、このところゆっくりになった気がします。

外側の葉は黄色くなったり、スポットで一部分だけ枯れていくものもありますが、現時点で原因は不明です。

底面フィルターと吸着ソイルの組み合わせなので、根張り型の水草が相性が悪いのは承知の上。

あまりに大きく成長しても、300キューブだともて余すのでこれはこれでよし。

 

f:id:suzujiro00:20170815234550j:image

2017年8月15日

水槽の換水を兼ねて、マツモ様とウィローモスをトリミング。

トリミング時に手前のモスマットを水槽外に出していたのですが、扇風機の風が長時間当たってしまい、乾燥して枯らしてしまいました。

すまぬ。

復活は無理でしょうが、生きてる部分はまた何事も無かったかのように伸び出すので、期を見て巻き直しですかね。

そもそも、あんまりキレイじゃなかったので。。。

 

 ちなみに、前回記事でまだミナミヌマエビに抱卵個体はいませんと書きましたが、その二日後ぐらいにメス2匹とも立て続けに抱卵。

7月29日にうちの水槽の第一世代が発生しました。

 

その後、大人エビはオスエビが2匹脱走してしまい、亡くなりました。

がしかし、現在は稚エビも含めて20匹程度の大所帯になりました。

さらに、8月18日現在で、1体目の抱卵個体が2回目の卵でそろそろ稚エビを孵すはず。 。。

 

ミナミヌマエビは増える増えると言うけれど、確かにハイペースで増えますね。

 

続きは次回の更新で。

こんなの大口で売れました!3


f:id:suzujiro00:20170722142529j:image
f:id:suzujiro00:20170722142949j:image
f:id:suzujiro00:20170722143057j:image
f:id:suzujiro00:20170722143220j:image

f:id:suzujiro00:20170722142901j:image
f:id:suzujiro00:20170722142737j:image
f:id:suzujiro00:20170722142824j:image
f:id:suzujiro00:20170722142739j:image

 

月がきれいという文章を、I love you.と翻訳したのは太宰治だっただろうか、それとも…鈴木次郎ですこんにちは。

最近少し出品活動が少し億劫になっていて、在庫が月に数点捌ける程度。

このままではよろしくないことはわかってはいるつもりなのですが。。。

 

今日は少し大口で落札されたお客様。

8点を急ぎ、即決で買いたいとのことでした。

普段はオークション形式しか対応していないのですが、なんだかすごく熱意のある方なので特別にご対応させていただきました。


・earth music & ecology ざっくりニットソー

・P&D トレンチコート

・RIENDA ナポレオンジャケット

URBAN RESEARCH ワンポイントTシャツ

・unbro スポーツドライシャツ

・TKMIXPICE ランニングシャツ

・ラルフローレン 短アウタージャケット

・Roahdy タイトスキニーパンツ

 

計8点 8500円のお買い上げ。

仕入値は合計で1800円ぐらいです。

リエンダのナポレオンジャケットはもっと高値になるかなーと思いきや、予想に反してお気に入り登録も少なく、動きが鈍かったです。。。

メンズもレディースも混じってるし、サイズもバラバラの買い付けなので、購入したい方も多分転売目的じゃないかなーって。

 

そういえば、はこBOONの取り扱いなくなっちゃいましたね。

はこBOON…便利だったのに。。。

 

それでは、続きは次回の更新で。

アクアリウムでエビ水槽はじめました。

君を待った  僕は待った

途切れない明日も過ぎていって鈴木次郎です。
ごきげんよう

 

最近、アクアリウムはじめました。

そんな大それた物でもないんですけど、三日坊主にならないよう、記事にしてみんとす。


f:id:suzujiro00:20170713203635j:image

6/24 水槽立ち上げ初日。

白濁りがつよい。 


f:id:suzujiro00:20170713203710j:image

6/29 水槽立ち上げ5日目。

少しずつクリアになりつつあります。

ここから1週間間接照明として、踊るマツモを眺める日々。

 


f:id:suzujiro00:20170713203947j:image

7/7 立ち上げから2週間程度。

マツモ様の成長著しい。

既に水はかなりクリアに。

 


f:id:suzujiro00:20170713204618j:image

7/8 フィルターを稚エビを巻き込まないためと、バクテリアの繁殖範囲を拡げるためにテトラのスポンジフィルターに変更。

水槽の外ではエアーポンプをコトブキから水作に変更。

分岐コックを使って1台で両方のフィルターをエアリフトしています。

 


f:id:suzujiro00:20170713204941j:image

7/13 立ち上げから約3週間。

ここまで夏ということもあり、水温が多少高めで推移する以外に特に問題なし。

手前にあった水温計センサーを水槽奥に移動、またウィローモスとマツモをトリミングしています。

アマゾンソードは育っている気がするものの、新芽をエビにツマツマされて若干スケルトン気味なので、少し餌を多めに落としています。

まぁ、変わらずツマツマされてたけどな!

 

水槽立ち上げから3週間、生体が入ってからは2週間です。

まだまだ水も出来上がっていないので、油断は出来ませんが今のところエビもきちんと元気なのが幸いです。

ただし、まだ抱卵個体はいません。

増えてくれたらいいなぁ。

 

備忘録としてのタンクスペックメモ。

水槽:GEX グラステリアBZ 300キューブ
低床:コトブキ ろか砂利
         JUN プラチナソイル
フィルター:GEX サイレントフロー パワー ※廃止
                     コトブキ ボックスボトムフィルター
                     テトラ ツインブリラントフィルター
エアーポンプ:コトブキ サイレントエア2000 ※廃止
                         水作 水心 SSPP-3S

ライト:GEX クリアLEDパワーⅢ300
クーラーファン:コトブキ スポットファン203
水温計:テトラ デジタル水温計
生体:ミナミヌマエビ 成体 5 稚エビ 2
水草:アマゾンソード
         マツモ
         ウィローモス

 

では、続きは次回の更新で。

仕入れのお話。

前回更新からかなり時間が空きました。

鈴木次郎ですごきげんよう

 

先日は、特に目的もなくフラフラと仕入れに行って参りました。

店内を回ること1時間。。。

クロコダイルのデニムシャツを見つけました。

ラコステと同様、ワニのブランドロゴがかわいくて、よくポロシャツやゴルフウェアなんかで目にするあのブランドです。

 

しかしながら、サイズはF(フリーサイズ)。

私が着るには大きいし、値段も相場とそう変わらないってことで、今日は一旦スルー。

何も収穫のない日だってあります。

人間だもの。

 

では、続きは次回の更新で。

こんなの売れました!3

今回のブツはこれ!

f:id:suzujiro00:20160915010333j:plain

 

f:id:suzujiro00:20160915010341j:plain

 

f:id:suzujiro00:20160915010348j:plain

 

ユナイテッドアローズ リバーシブル ジレ

仕入れ:540円

売り:720円

利益:180円

 

ほぼ1年前に仕入れて在庫になってた商品です。

ジレって個人的には好きなんですけど、

あんまり周りのウケが良くないせいか人気がない気がします。

 

キメすぎというか、特に夏のTシャツ・ジレ・ハーフパンツみたいのは、

暑いのか寒いのかわかんないと女の子にもイマイチとか、前に雑誌で読んだ気がします。。。

 

話が脱線しました。

正直、あんまり売れる気がしてなくて、失敗したなーとか思ってたんですが、

まぁ手放せて何よりです。

前回、前々回、と結構当たり商材を紹介してきてたんですが、

普段の取り扱いはこんなものです。

利益もたった180円ぽっちですが、こういうこともあるってことで。

 

それでは、続きは次回の更新で!

こんなの売れました!2

今日のこんなの売れたよって話は、これ!

 

Reebok ポンプオムニスニーカー 27.5cm

 


f:id:suzujiro00:20160829211421j:image
f:id:suzujiro00:20160829211433j:image
f:id:suzujiro00:20160829211442j:image


 

仕入 4,900円

売上 6,250円

差額 1,350円

 

Reebokのハイテクスニーカーですね。

ベロについてる丸い突起を押すとスニーカー内部に空気を送ることが出来、

フィッティングを調整できるって寸法ですね。

近未来感 is ある。

 

このスニーカーは海外から買い付けたものでした。

発送国はドイツだったかなー。

 

これも入荷して1周間で捌けたので、今度はサイズ違いも仕入れましょうかね。

 

それでは、続きは次回の更新で。